シャッターで安全な家 | リフォームなどを行ってより快適で過ごしやすい住宅を作る

シャッターで安全な家

家にもシャッターを取り付けるべき理由とは

シャッターと言えば、以前まではお店に付いているイメージで、閉店時に防犯のために下ろしていました。ですが最近では、自宅の窓にも取り付ける家が増えています。というのも泥棒が窓ガラスを割って侵入するケースが少なくないからです。ですが窓にシャッターを取り付け、施錠していると、泥棒も侵入出来ずに安心だったりします。 しかも家庭用のシャッターには、手動で下ろすタイプの物だけでなく、電動化された物も存在しており、より便利に使用する事が可能です。というのも電動化されたシャッターなら、上げ下ろしの際に窓を開ける事無く、スイッチを押すだけで、シャッターの上げ下ろしが出来ます。そのため窓から雨や冷たい風、埃等が入って来る事無く、開け閉めが可能であり、非常に便利です。

シャッターを選ぶ際に知っておくべき事

防犯意識の高まりもあり、最近では普通の住宅の窓にも、シャッターを取り付ける家が少なくありません。そしてそんな風にシャッターを取り付ける際に、手動式にすべきか、電動化された物にするかで迷う家は少なくないです。 費用という面を見れば、手動式の方が電動化された物よりも、安い金額で購入する事が出来ます。なので価格面だけを見れば、手動式のシャッターの方が有利だと言えるのです。ですが、幾つかの窓に取り付けを行った結果、毎日、各窓を開けた上で、シャッターを上げたり、下ろしたりするのは意外に面倒だったりします。しかも開け閉めの際に、手動だと大きな音を立ててしまう事が珍しくないです。 その点、電動化されたシャッターは、窓を開けずにボタンを押すだけで開け閉めが可能だったりします。更に静かに開け閉め出来る様に気遣った商品もあるので、電動化された物の方が利便性に優れています。